「円」と「年」の違い

平成もあと少し。
2018年も残すところあとわずかということは、
2010年代ももうすぐ終わるということ。
2020年には東京オリンピックがあるが、
この前、壇上にあがった県庁の偉い人が「2020年東京オリンピック」を
「2020円、東京オリンピック・・・」といい間違えていた。
「年」と「円」のいい間違えはよくあることかもしれないが、
「2020年」と「2020円」は全然違う。
「2020円」は、簡単にATMからおろせるし、
必要とあれば人にあげれる額だが、
人類が生きてきた「2020」年間は、
簡単にATMからはおろせないし、人にあげることもできない値だ。
「2020年」に、人類が生きてきた重みが乗っているのに対して、
この、「2020円」の軽さは、なんだろう。
「年」に対する「円」が、全然、釣り合っていない。

現代社会は西暦を使用しているので、
今年のことは「2018年」と呼ぶが、
これは言わずもがな、
イエス・キリストが生まれたとされた年から換算して「2018年目」ということだ。
だが、当然、イエス・キリストが生まれる前にも、人間の営みはあって、
ソクラテスが今のアテネで、毒としりつつ毒杯をあおったのは、紀元前399年、
つまり、いまから「2399年」前で、
ツタンカーメンが今のエジプトで、黄金のマスクをはめて眠りについたのは、
紀元前1324年、つまり今から、「3324年」前といわれている。
人類が中国大陸で稲作を始めたのが、今から「1万年」ほど前だと言われていて、
アフリカで、旧人類が今の新人類に進化したと言われているのが、
今から、「10万年から20万年」前だとされている。
だが、それでも、人類の歴史というのは、たった「20万年」しかない。
もし壇上の人がいい間違えたら、「20万円」前だ。
人類が歩んできたこれまでの重みに比べて、
この、「20万円」の軽さはなんだ。
諭吉20枚で、人類の歴史を語れるというのだろうか

日常生活で一番使う数字の単位はたぶんお金にかんする「円」で、
二番目が、年数や年齢にかんする「年」や「歳」だと思う(自分調べ)。
人類がこれまでに歩んできた長く険しい歴史を思う時、
一番身近なお金の単位「円」があるせいで、
いまいち、我々人類が歩んできた、その積み重ねと重みが伝わらない。
今年は、明治維新から「150年」らしいが、
これを壇上の偉い人が言い間違えると、「明治維新から今年で150円」だ。
「150円」なんて、明治維新以後、この国に起こったことの多様さと重大さが、
一発で吹き飛ぶ額だ。

「150円」では、チョコパイすら買えないし、
チョコボールとヤングドーナツを買ってしまったら、もうなにも買えないくらい、
「150円」というのは、安い。

そのくらい、「円」と「年」には大きな開きがある。

子どもたちが学校で歴史を学ぶ時、
先生が「明治維新から150年」「新人類に進化してから20万年」だと教えると、
彼らは、身近な単位である円にイメージを交差させ、
「明治維新から150円」「新人類に進化してから20万円」と脳内変換して、
その、あまりの数字の小ささに、人類の歴史をなめてしまう恐れがある。
もしこれが、「円」ではなく「ドル」ならおよそ100倍だし、
「ユーロ」なら130倍だ。
ユーロ圏の子どもたちは、先生から「明治維新から150年」と言われても(言われないけど)、
なるほど、「明治維新は、150ユーロ(=2万円)くらい遠くかぁ」と思うし、
「新人類に進化してから20万年」と言われても、
なるほど、「新人類になって、20万ユーロ(=2500万円)くらいの年月かぁ」と思う。
子どもにとっての2500万円はでかい。
人類の重さを感じる額としては、悪くない。

日本の子どもたちは、日常で使う、身近な単位が「円」なのだから、
注意をして歴史を勉強してほしい。
この国が近代化していく過程は、
決して、チョコボールとヤングドーナツが買える金額で語れるものではないし、
人間の歴史は、うまい棒2万本と釣り合うものでもない。
「年」と「円」は違う。
それにはまず、壇上の大人がいい間違えしないように気をつけてほしい。