かたくな・・・

かたくな
居酒屋でバイトしていた時、二人組の女性客に
「いくつに見える?」と質問された。
僕が気を使って「30?」と答えると、
二人の顔がみるみるこわばってきたので、
近くにいたバイトリーダーに、
「先輩はどう思いますか?」
と、助けを乞うた。
先輩は、バイトリーダーらしく、
すぐに状況を察した上で、「25歳かなぁ」と答えたが、
正解は、「22歳」と「23歳」だった。
それ以来、その女性客は一度も店に来なくなり、
それ以来、僕は、どんな女性に歳を尋ねられても、
「ハタチ」としか答えなくなった。
相手が大学生でも、OLでも、バーのママでも、教頭先生でも、
女性の歳を尋ねる質問には、頑なに「ハタチ」としか答えなくなった。


うそ
香港人の友達を京都案内していた時のこと。
朝の京都駅で友達を待っていると、
電車が遅れたらしく、多くの人が改札に並んで、
駅員さんに遅延証明をもらっていた。
そこに香港人の友達が現れる。
「ねえ。あれは、なにに、みんな、並んでるの?」
「あぁ、あれは、あの、あれだ、スタンプラリーだよ」
さあ、今日も一日、外国人に、本当の日本を教える一日が、始まる!


ねごと
寝言に返事をしてはいけないよと言われる。
特に子どもが寝言に返事をすると、あっちの世界に引き込まれる恐れがある。
子どもが引き込まれやすいのは、この世の匂いがまだついていないからで、
大人が引き込まれないのは、手に人間の匂いが染み付いているからだ。
子どもたちが、かごめかごめやはないちもんめでみんなと手をつなぐのは、
人間の匂いをしっかりつけるために大人が考案した遊びだからだ。
そう、夢の中のデーブ・スペクターが言ってたらいい話だね。