ロザリオ

雪が降る教会の芝生で、娘が作る雪だるまを見つけて近寄ってきたホームレスが、
自分がいつも肌身離さず身につけているロザリオを僕らに渡して見せてくれた。
ラテン語でいつも唱えている祈りの言葉も教えてくれたが、
ラテン語なのでわからなかった。
ただ、その響きが、ばあちゃんが仏壇の前で唱える
「なーもあーみだーんぶー」と同じだったから、
唱え慣れていることはわかった。
敬虔なクリスチャンなのかもしれない。
娘は渡されたロザリオをぐっと右手で握りしめながら見つめ、
僕は数珠を肌身離さずいつも身につけていたかつての自分を思って、
自分にロザリオを渡したこの男は自分だなと思った。
夢分析においては、
夢に出てくる人物は皆、自分と解釈することができるらしいが、
多分、夢の中じゃなくても、
目の前にいる人は誰もが自分であるといえるのかもしれない。