不条理

 

今の高校生は、”受け身”である。
親の庇護下から出たことがない彼らは、
自発的に行動することも、自主的に判断することもない。
「今の子は、言われたこと以外、やろうとしない」
そういう感想は、多くの先生の口からこぼれてくる。

昨日、ある高校生たちと会う約束をしていたのだが、
学校で会うということだけ決め、具体的な場所を指定していなかった。
そのため、自分の教室で待っていた彼らは、
時間に僕が現れなかったからといって帰ってしまった。
こちらは約束を守らなかったわけでなく、
時間前に行ったのだが、他の先生が彼らと話し込んでいたので、
時間をあけてまた行ったまでで、
時間に来なかったからといって、帰ってしまうなんて、思いもよらなかった。
ちょっとは、探したり、他の先生に居場所を聞いたりしなよ。
それは、受け身すぎるよ・・・。

約束の時間に声かけてもらわなかったから、伝言も連絡もせずに、帰る。
そんなことは、社会では許されない。
約束の時間に会えなかったら、電話をするか、伝言を残すかだ。
今後のためにも、厳しく説教しなくてはいけない。
次の日、生徒を教室に呼び出す。
「昨日、約束してたのに、連絡なしで帰るって、どういうこと!?

 お前ら、どこの”いい女”だよ!?」
約束があるのに、連絡もなしに帰って許されるのは、”いい女”だけ。
”いい女”だけが、そんなことをしても、許してもらえる。
「お前ら、男やん!そんな”受け身”の男、社会が許さんわ!」
社会は厳しい。
”私を楽しませて”と、受け身で生きていけるのは、”いい女”だけで、
約束の時間に声掛けてもらうのを待つだけの男など、許されない。
男は、約束にも、約束以外にも、
能動的に、取り組まなければいけないのだ。

子どもになにかを教える時、男だから女だからという言い方は、あまり好まれない。
好まれないというか、学校ではしてはいけないのかもしれない。
「男女は、平等」。
それが、建前。
学校は、建前を教えるところなので、本音を言ってはいけない。
男だから、女だからではなく、人間だから、ルールだから、常識だからという、
誰にでも当てはまる言い方で言わなくてはいけない。
ただ、誰にでも当てはまる言い方は、誰にも届かない言葉でもある。

人は特別扱いされるからこそ、責任感を持ったり、全力を尽くそうとする。
他の人と違い、自分は”長男”だから、”武士”だから、”キャプテン”だからという理由で、
自身の心を抑制してでも、頑張るのだ。
「長男も次男」も「武士も農民」も「キャプテンもメンバー」も、
皆、同じ立場ならば、踏ん張る必要はない。
”長男”、”武士”、”キャプテン”は、皆の代表として、
不条理にも、怒られたり、殺されたり、責任取らされたりすることがあるからこそ、
彼らは、その不条理な立場を足場にして、踏ん張るのだ。
不条理さの欠片もない、”平等”は、足場にならない。

「約束時間が過ぎたからといって連絡なしに帰ってはいけないよ、人として」
そう教えるのもいいが、
「男のくせに、受け身で生きんな。どこの”いい女”だ」と教える方が、
言ってることが不条理な分、腑に落ちるのではないか、と思う。
本当は、”男”だろうが”女”だろうが、受け身で生きるべきではない。
ただ、「平等」と引き換えに、
誰かのためにという「責任感」を剥奪された社会で育った世代としては、
たまには”性”のような”違い”を、強調した方がいいと思っている。