丸いと細い

元西武の菊池雄星投手のマリナーズ行きが決まった。
この冬の自主トレ風景から感じていたが、
菊池雄星、体重増えたなあ。
西武のユニフォームを着ている時から比べると、
顔も体も、一回り大きくなったようだった。
アメリカで戦う用の体作りなんだろう。

海外で受け入れられるための体作りは、スポーツ選手に限らないようで、
インスタグラムの女王、渡辺直美も明らかに昔に比べると大きくなった。
こちらは「海外用」に大きくしたわけではなく、
大きくなったから海外でも受け入れられたと考えるべきだろう。

渡辺直美が世界的にインスタフォロワーを獲得しているのは、
明らかにあのサイズのおかげで、あのサイズでなければ、
彼女の個性は国をまたいで伝わることはなかっただろうと思う。
ビヨンセの真似をしていた初期の頃からしたら、
2,3サイズはアップしたあの「肉感ボディ」を見ると、
プロ野球に入団したばかりの線の細い選手が、
数年かけて厚みのある、パワーヒッターに必要な太い上半身とお尻を作り上げた様で、
素晴らしい増量だなと思う。

多分、本人にそんなつもりはなかっただろうけど、
モデルのようなスレンダー体型の対極の、
「個性派ボディ」で世界の人たちを魅了していくには、
グローバルサイズの「個性派ボディ」が必要だったはず。
日本人の「ボチャ」は、世界から見ると「ほどほど」で、
日本人の「太い」は、世界基準の「ボチャ」だったりする。
現在、彼女は107kgということだが、
そこまでいったからこそ、彼女の個性が国境を超えたことは確かだろう。

NAOMI WATANABEは日本のインスタグラムフォロワー数でNO1なのだが、
2位以下は、女優やモデルなど、ずらーっと「痩せ型」が続く。
渡辺直美の「ぽちゃ」は特殊な例で、
やはりモデルのようにスレンダーな人たちが日本では人気なんだなぁと思っていたら、
海外向けに発信している新聞サイトの記事の横並びが、
「渡辺直美」「ドラえもん」「草間彌生」「お相撲さん」で、
海外にはやっぱり
「細い」よりも「丸い」方が好かれるのかなと思った次第。
「KAWAII」って、「丸い」のことなのかな。