名言集

「仏教に関する本、なんか教えてください」

そう高校生に聞かれたので、
高校生でもわかりそうな、
それでいて仏教の本質を外していなさそうな本を紹介する。
仏教に関する本を教えてだなんて、
こりゃ、なんか学校であったな、と訝しんでいたら、
案の定、学園祭を前に、クラスでごたごたしているとの話だった。

そういった、自分自身がなにか問題を抱えている時に
宗教のようなものに答えを求めるのであれば、
歴史や講話ではなく、直接心に響く言葉のほうがよい。
そう思い、紹介した本の中に、「禅語」の本を入れる。
若者は、なんだかんだ、名言、決めゼリフ、スローガンに弱い。
物語や歴史ではなく、自分が抱えている現実のケースに参考になりそうな
抽象的な言葉を探している。

私も中学生の頃、塾の帰りに、本屋さんで見つけた
「こころを豊かにする50の言葉」みたいなタイトルの本を、
友達と夢中になって読んでいた覚えがある。
特にその頃、問題を抱えていたわけではなかったが、
本の中の名言に夢中になっていた。

大学生になって帰省した際、パラパラとその本をめくってみると、
なんでこんな本になけなしの小遣いを出したんだろうと、首をひねったが、
人には(男には?)そういう時期が一度はくるのだろう。
(他にも「人についていきたいと思わせる50の言葉」とか
「こころに火をつける50の習慣」とか、とにかく50の言葉が載っている本を買った)

中学生の一時期夢中になった本だが、
大人になった今でも覚えている名言はほとんどなく、
唯一、記憶に残っている言葉が
「トムソンガゼルはジグザグ走る」という言葉だった。
現実世界のどういうケースでその名言(?)が使えるのかは謎だが、
何故だか、記憶に残っている。

仏教の言葉や禅語は、そのような、
一部の人しか覚えていないような名言やスローガンとは違う。
「主人公」や「挨拶」など、
普通の日本語として定着しているものから、
「一期一会」や「阿吽の呼吸」のように、
誰もが知っている慣用句まで、広く人々に知れ渡っている。

それらの多くは、禅僧たちが、
修行の中で発した言葉や書き残した言葉が語り継がれたもので、
「こころを豊かにする50の言葉」のように、
名言を言ってやろうと思ってひねり出した言葉ではない。

書に書かれた文字を読んだ人や、発せられた言葉を耳にした人が、
「これはいい言葉や」と思って、後世に伝えたものなのが禅語なので、
禅語には、時間の流れに耐えてきた含蓄があるし、
時間の流れに耐えてきた証として、
含蓄がなくてもあるように思わせるパワーがある。

その禅語に含まれる含蓄や重みは高校生でもわかるやつはわかるし、
たとえ、高校生時代にわからなかったとしても、年齢を重ねていけば、
誰でも、含蓄のある言葉とそうでない言葉の違いはわかるはずだと思っていた。

しかし、昨日、
ある国会議員が、座右の書として、一冊の本を紹介している記事を見にして、
愕然とした。
国会議員が人生の一冊としてピックアップした本が、
僕が中学生の時、
塾の帰りの電車の中で読んでいた名言本だったのだ。

国会議員が、しかも、文科省系の偉い人が、最も大切にしている本が、
自己啓発系の名言集だなんて!
百歩譲って自己啓発本はいいとしても、
自分が中二病に浮かされていた時期に夢中になった本だなんて!

国会議員は嘘でも、古典とか、世の中で名著と言われているものを
座右の書に挙げてほしい。
そうしないと、教育のルールを作る人達が、
実は、文学や知性において大事なことをわかっていないんじゃないかと、
訝しがられる可能性がある。

座右の書によって、国民が国会議員をジャッジしていることだって想像してほしい。
特に、文科省系は教育寄りの人から、
経産省系は、経済よりの人から見られている。

しかし、古典とはしょせん古典。
「トムソンガゼルはジグザグ走る」という言葉が
100年後に名言になっている可能性だってある。
100年後に古典になる可能性を、
現時点でその国会議員が見抜いていた可能性だって捨てきれない。

そうであれば、逆に、この人は見る目があった、
大事なことがわかっていなかったのは僕の方ということもあるかもしれない。
そうであれば、どうもすみません。
100年前に、謝っておきます。
ないとは、思いますが、先に謝っておきます。
(名言としてなにかが残ることはあるかもね)