撮り桜

今年も桜がよく咲いていた。
日本人は桜をこよなく愛しているが、
その美しさは日本人だけでなく外国人にも理解できるようで、
日本の花見スポットはそのまま、
外国人観光客にとっても、人気の観光名所になっている。

それは、日本の花見情報が海外に伝わっているということもあろうが、
外国でもすでに、桜の樹があちこちに植えられていて、
外国人が桜に親しむ機会が増えたことも、原因の一つだと思われる。
例えば、アメリカのワシントンDCでは、
「全米桜祭り」という催しが行われており、
桜を楽しむために、全米から150万人が集まっているという。
桜は、いまや、ワールドワイドの風物詩なのかもしれない。

ワシントンDCとは関係ないが、
桜といえば、アメリカの大統領ジョージ・ワシントンで、
ワシントンの桜の木の話は有名な逸話だ。
ワシントンは小さい頃、誤って、
父親が大事にしていた桜の木を傷つけてしまうのだが、
そこは、未来の大統領、
言い訳したいのをぐっと我慢して、正直に、「自分がやりました」と父親に告白した。
すると、父親は、
「その正直さは、千本の桜よりも価値がある」と、ワシントンを強く抱きしめたという、
ワシントンの人柄と父の優しさを表すエピソードが伝えられているのだが、
ジョージ・ワシントンが1700年代の人だということを鑑みると、
アメリカには、だいぶ前から桜が渡っていたということになり、
その歴史があれば、ワシントンDCの桜フェスタに150万人来るのも、なんだか頷ける。

そして、ワシントンDCともジョージ・ワシントンとも関係ない桜の話として、
西海岸の”ワシントン州”シアトルでも毎年、
桜が多くのシアトル民に親しまれているという事実があり、
ワシントン大学のキャンパス内には、盛大に咲くソメイヨシノに毎年、多くの人が集まり、
テレビでは、日本と同じように、毎日、キャンパス内の桜の開花状況が伝えられている。

ただ、日本人とアメリカ人では桜の楽しみ方が違うようで、
ワシントン大学の桜の周りでは、日本のように、
お酒を飲んだり、ブルーシートを敷いてどんちゃん騒ぎをしたりする人はおらず、
桜の写真を撮ったり、桜をバックに自分の写真を撮ったり、
みな、見るだけ(撮るだけ)に終始している。
彼らにとって桜は、自分の国にはない、
異国の文化香る、インスタスポットというところなのかもしれない。

そのワシントン大学の桜を見た後に日本に戻り、
東京は九段下・靖国神社の桜を見に行くと、
人々が、ビニールシートの上で、缶ビール片手に、桜を楽しんでいた。
「靖国神社」という、
ニュースの中で聞く、政治的に緊張させる言葉の響きからは遠く離れて、
そこかしこの地べたで、酒をあおって笑い転げている人たちの緩んだ姿は、
なんとも、「花見」として絵になるというか、堂に入っているというか、
あぁ、これが、長く桜に親しんできた人たちの姿かと、
ワシントンで見た花見客との違いを思った。

桜は日本人の生活に深く入り込んでいるので、
色々な楽しみ方や触れ方がある。
鉄道ファンに、「撮り鉄(写真撮るのが好きな人)」「乗り鉄(乗るのが好きな人)」
「スジ鉄(時刻表が好きな人)」などがいるように、
桜を、見て楽しんだり、見ずに酒を飲むだけだったり、
桜を歌に謳ったり、桜を料理に添えたり、色々いる。
その桜への距離の取り方のバリエーションが、文化の豊かさなんだろうなと思うし、
そのバリエーションは、長い時間をかけて作られてきたんだなと、
アメリカ人の花見を思い出しながら、思う。

最近は日本人も、SNSのためだけに、桜を「背景」として扱う人も多いのかもしれないが、
総じていうと、アメリカ人が、桜を、客体(きれいな樹)として見ているのに対し、
日本人は、桜を主体として見、自分と桜を同化させているところがあるように思える。
桜を眺めるだけでなく、自分のこころを桜に重ね合わせたり、
生活の中に桜を散りばめようとするする気持ち。
桜を利用するのではなく、自身が桜になっている感じ。
靖国神社の桜の下で、缶ビール片手に、アタリメを齧っている仕事帰りの女性たちは、
「桜を眺めている人間」というよりは、「桜の樹をカリカリ齧っているリス」のようで、
花見をしているというよりは、
彼女ら自身が、桜のある風景の一部として溶け込んでいるようだった。
そうやって、日本人は、それぞれが、桜のある風景の一部になり、
全体の一部となって、全体の「景」を作りあい、
誰かの目の中に、楽しでいる姿を映している。

そういう日本人の感覚は、海外の桜の見方とは違っているだろうから、
世界中に桜が広まり、日本以外でも当たり前に桜が見られるようになっても、
日本人にとっての桜や花見の重要性は変わらないのだと思う。
もしかしたらアジアの人の中には、同じような感覚が備わっているかもしれないから、
今後、花見の風景が国際的になってきたら、
それはそれで、新しい花見のバリエーションが、そこから生まれてくるかもしれない。