書けない漢字

人前でものを教えることを仕事にしているのに、漢字がまったく書けないという人がいる。
国語の先生でもないかぎり、漢字を書けないことは大したことではないとは思うが、それを恥かしいと思っていることが教壇から伝わってくる人もいて、かわいそうになる。
また、漢字自体は合っているけど、書き順が違うって人もまあまあいるが、書き順を気にする人は、さらに少ないだろう。
さらに、日本語ではなく英語の話になると、見ている人が読める字を書くってだけでありがたくなるくらい皆、字が下手なので、書き順なんて、気にしている人はだれもいない。

ここ数年で、文科省が出している「学習指導要領」が改訂された。
そのことで、小学校から高校までに覚える英単語が、5000語に増えた。
子どもは、「高校までに5000語は覚えろ」と言われると同時に、「英語で文章を読めるだけでなく、話せるようにもなれ」と言われていて、英語でできるようにならなければいけない課題は増えていく一方である。

元サッカー日本代表監督のオシムが以前、日本では、小学生が1000字以上覚える必要があることに言及して、驚愕していたのを思い出す。
アルファベットで学習する国の小学生は、30ほどの字を覚えれば、あとはそれの組み合わせで文章が読めることを考えれば、自分の国の文字を読むために1000字を覚え、外国語の文字を読むために5000の単語を覚えなければいけない日本の子どもは、多忙すぎるように映るのだろう。

文科省のような、規則を作る側の大人たちは、「漢字は1000字、英単語は5000語覚えろ」と言うが、絶対にその数だけ覚えなきゃいけないかというと、そうでないことぐらい、普通の大人ならわかる。
漁師が覚えなきゃいけない漢字と、コールセンターで働く人が覚えなきゃいけない漢字は違うし、ニューヨークでシェフになりたい人が覚えなきゃいけない英単語と、映画の翻訳者になりたい人が覚えなきゃいけない英単語も違う。
「1000」といっても「5000」といっても、問題となるのは中身である。

ある哲学の教授は大学の授業中、まったく漢字が書けておらず、生徒の一人から「なんで先生はそんなに漢字が書けないんですか?」と聞かれた際、
「この漢字習ってた時、あんまり学校に行ってなかったんだよ」
と答えていた。
漢字を書けなくても、哲学が教えられれば、誰も文句はない。
なにより、文字や単語は「人に伝えるための文字」だし、「人が考えるための単語」であることを忘れてはならない。