梅の花

「梅の花」という豆腐料理屋さんがある。
全国に67店舗ある。
この店の名前の由来は、創業者である「梅野」から来ているのだよ、と奥さんに教える。
「自分の名前を店の名前にするなんて、自分が好きなんだね」と言う。

そう言われ、梅野は「梅の花」以外に「かにしげ」という「かに料理店」もやったなぁと思い出したので、まさかと思って調べてみると、梅野の下の名前は「”重”俊(”しげ”とし)」であった。

「梅の花」の「梅」は「梅野」の「梅」であり、
「かにしげ」の「しげ」は「重俊」の「重」だった。

「この人、相当、自分が好きなんだね」と言う奥さんに、
「自分が相当好きな人じゃないと、68店も店は出せないんだよ」と返しながら、世界中に自分の名前付きの銅像を2万個ほど置いていったカーネル・サンダースの自己顕示欲を想う。