若者ことば採集

若者ことば採集。

高校生はまもなく春休みに入る。
長期休みにぼーっと家にいるのもなんなので、
東京で開催される科学のイベントを高校生に勧めてみた。

私「春休みだし、暇だろ?東京行ってくれば?」
A「これ、金はかかるんですか?」
私「交通費はかかるみたいだけど、参加費はいらないってよ」
A「へえ。いいっすね」
私「宇宙のイベントもやるらしいし、君好きじゃん。行ってきなよ」
A「どうしよっかなー」
私「宇宙食も食べれるらしいぞ」
A「まじっすか。まぁ、今んとこ、ナシよりのアリっすね」
ナシよりのアリ・・・。
私「案内のチラシ、持ってこようか?」
A「そうっすね。こいつの分もお願いします」
私「あぁ。Bも行くんだ」
B「なんの話ですか?」
A「東京でやる科学のイベントのやつ」
B「あぁ、あれね。あれって、金いるの?」
A「参加費タダなんだって」
B「マジ?ワンチャンまじで行けんじゃね」
A「それな」
B「日程いつ?」
A「4月の一週目」
B「補習さぼれんじゃん」
A「それな」
B「アリ。全然アリ」
A「ナシよりのアリ?」
B「アリよりのアリ」
アリよりのアリってことは、アリってことかな・・・?
二人とも、行くってことなのかな・・・?

最近の高校生は、物事を「アリ」と「ナシ」で分ける。
それは主観的な判断で、
「(私的には)アリ(=許容・受諾できる)/ナシ「=許容・受諾できない)」ということ。
でも、日本語にしては断定的な表現だなと、常々思っていたので、
「ナシよりのアリ」などというボカシを入れて、曖昧な表現にし始めたのは納得。
若者的な日本語へのアジャストメント。
でも「アリよりのアリ」って、「アリ」のことだよね。