鮮度

本にも「鮮度」がある。
本を目にしてから読むまでの時間が本の「鮮度」である。
「鮮度」が落ちてから読んでしまうと、頭に入ってこないし、インスピレーションも湧いてこない。
日本語には「積ん読」という言葉があるが、買うだけ買って、部屋に積んでおいて、タイトルだけが目に入るような状況では、「鮮度」は落ちる一方である。
それなら、買わないほうがまし。
次の機会を待とう。
紙も生物(なまもの)である。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして慶虫です。西日本で高校生相手に教育系のしごとをしています。 日々、考えたことを書いています。

目次