Respect myself

高校生に勉強を教えていると、タメ口の子たちに出会うことがある。
僕、いちおう、先生なんだけど・・・。
そう思いながらも、タメ口に対し、「さん」付けと丁寧語で返す。
「〇〇さん、ここはthisじゃなくてthatの方がいいんだけど、なんでかわかりますか?」
「ん?知らない」

子どもが大人に対してタメ口なのは彼女らの防衛本能からで、大人のことが信用ならないからだ。
相手に対して丁寧な物言いをすることが、なんだか相手の軍門に下ったようで、我慢ならないのだ。
自分は相手より下ではないと、タメ口で頑張る。
タメ口を防波堤に、ただただ自分を守っているだけなので、二人の間で次第に関係が深まり、信頼が醸成されるようになると、次第に言葉遣いは丁寧になる。

丁寧な言葉や敬語を使うことが「負け」ではないことは、大人になればわかる。
それは相手を敬うことが、自分を敬うことにつながるからだ。
相手になめられたくないと考える人間は、タメ口をきくことで、相手の上にたちたいと思うものだが、相手をリスペクトしない時点で自分もリスペクトされないし、それ以前に、自分をリスペクトして自立していない人間を相手は軽く扱う。

自分自身を敬う(=Respect myself)というのは欧米的な考えだと思うが、その思想に最も馴染みのある文化は、ヒップホップである。
ヒップホップがこの20年ほどで日本社会にもたらした有名な表現といえば、「ディスる(批判する)」と「レペゼン(ある集団を代表する)」の2つだが、最も日本人のためになるヒップホップの思想は、「Respect myself」という考え方だと思う。

ヒップホップには4つの分野があり、その一つであるラップに関わる人たちは、「日々のリアル」を歌うことを旨とする。
リアルを歌うことこそが「是」なのだから、ラップの内容が、地味でも悲惨でもパッとしなくても関係がない。
リアルを歌えば、それだけでヒップホップ。
その根底には、自分自身を敬っていれば、どんな最悪なリアルでも受容可能だとする思想がある。
日本を代表するリリシストの一人は、楽曲の中で、「洗濯物干すのもヒップホップ」と歌う。
ワル自慢だけがヒップホップではない。

欧米、少なくともアメリカでは、家庭教育の中に「Respect myself」の精神が根付いている。
日常の会話の中で繰り返しその精神を言葉にすることで、「Respect myself」の定着を目指す。
日本はそのあたりの考え方を言語化することはないが、欧米の「Respect myself」に値する精神を、慣習や役割、自然との関わりや人間関係などの言葉以外のものが肩代わりしていたと考えられる。
しかし、近年(というかこの数十年)、その機能が失わてきたために、多くの子どもが存在の不確かさに戸惑っている。
成績や、親からの評価などの客観的なものさしでしか自分を測れず、そのものさしによって肯定されなかった子どもたちが、自分自身の生を肯定できずにいる。

「自分自身を敬う(=Respect myself)」とは存在の肯定である。
そして、自分のものさしで自分自身を測るということでもある。
自分の日常がどんな惨めであっても、それが自分にとってのリアルである以上、自分は自分を肯定していい。
「Respect myself」には、そうした肯定の精神が宿っている。

新型コロナによる社会変動は、人々の接触を悪のように謳い、「距離を取れ、距離を取れ」と責め立てるが、最も根源的な部分で人の存在を肯定するのは「接触」である。
養育者に抱かれて育たなかった赤ん坊が成長するにしたがって、心身的な問題を起こしやすいように、触れるということは根源的な肯定である。
それは子どもと親(や養育者)の間だけにいえることではなく、友達に触れることも、動物に触れることも、道端のなんだかわからないものに触れることも、関係の構築であり、それがひいては、他者を肯定し、自身を肯定することにつながる。

現在はまだ新型コロナ一周目なので場当たり的な対応も仕方ないが、この状況が半ば恒常化した際には、僕たちが、「命」と「健康」の反対側の天秤になにを載せているのかをしっかりと考えるべきだろう。
コロナで健康を脅かされる高齢者は弱者だが、その社会対応により色々な経験を失っている子どももまた弱者なのである。