サウナ

うちの近くには何軒かの銭湯があるが、北に上がるにしたがって、つまりは、街の中心部から離れるにしたがって、タトゥーの入った客の割合が多くなる。
昨日、ふらっと、汗をかいた体で、さらに汗かきがてら行ったのは、街の最北部寄りの銭湯。
タトゥー多め、湯熱め、コーヒー牛乳安めの銭湯・『鈴成湯』である。

鈴成湯のジェットバスに浸かりながら、昨晩見たサウナの効能のテレビ番組をふと、思い出す。
ここ数年、サウナが流行っているが(第四次ブームらしい)、サウナで「整う」と言われている一連の流れ(「サウナ→水風呂→クールダウン」)は、科学的見地から説明できるらしく、専門家が番組内で詳しく説明していた。

その番組によれば、高温のサウナに入ると、身体が生命の危機状態と認識し、一気に交感神経が優位な状態になり、身体はストレス状態になるという。
そこで、サウナから出て水風呂に入ると、今度は、一気に副交感神経が働くようになり、身体はリラックス状態に入る。
そして、水風呂から出てクールダウンに入ると、体はリラックスしていながら意識は冴えている状態となり、これが「整っている」状態なのだという。
これは、仏教の瞑想や、スポーツ選手のゾーン状態と似た話で、頭は冴えてるのに体には無駄な力が入っていないという超集中状態を指し、ストレスがかかってもいないし、緩んでもいない状態のことである。
その状態を、サウナと水風呂の温度差で作り出すのが、最近の流行・「整うサウナ」である。
400円程度で誰もが最高の状態へ到れるなんて、安い話である。

でも、別にサウナがないとしても、銭湯は最高なのである。
鈴成湯の湯船には、大学ラグビー部の男たちがいちゃいちゃしているし、近所のバイク屋の広告が入った鏡の前では、骨と皮だけになった爺さんが目をつむりながら頭を洗っている。
サウナの中では、年金支給日の翌日なのにすでに昨日の競馬ですべてを失ったおじさんが賭ける金もない次のレースの予想に真剣だし、水風呂の中では、色彩鮮やかな紋々の入ったおっさんが何か後悔しているかのように空を見つめている。
脱衣所の椅子の前では、ちんぽこぶら下げた子どもがコーヒー牛乳を腰に手をあてて飲んでいるし、扇風機の前では、体中の毛という毛を剃ったマッチョがうっとりと自分の両胸を撫でている。

ここには、生まれてから死ぬまでの間に生きているヒトの体がある。
テレビの中では、人間の下衆く小狡い姿が報道され、SNSの中では、細工され加工されたヒトの姿が露わにされているが、ここには、肯定も否定も必要ないような、ただのヒトの体がある。
ここにある体は崇高でも下卑でもないただの体だが、温かいお湯で垢が落とされ、きれいになった分だけ、銭湯の体はいいものに思える。
何もまとわずに、すっ裸でちんぽこぶら下げながら、水風呂で空を見つめている入れ墨のおっさんの姿を見ていると、なんだか童心に帰れるように気分になる。

銭湯は、サウナと水風呂の温度差を利用しなくても、僕らを「ゼロポイント」に戻す。
銭湯は、ぼくらがかつて単なる優しい少年であったことに気づかせる場所である。
言葉を獲得する以前の、ただの、ヒト。
「グラウンドゼロ」に湯が湧き、我らはヒトだと「鈴が成る」。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次