風の知らせ

風のしらせ

風が知らせてくれると思ってた
風であっても
虫であっても
鳥であっても
知らせがくると思ってたけど
来なかった

すでに知らせは来ていたのかもしれない

じょじょに死んでいたばあちゃんに
何度もその都度さよならを言っていた
だからもうすでに7年
僕はさよならを言い続けている
これが最後
これが最後
と思いつつ
また最後があるんやろ
とは思わない
死に際には皮肉も顔を出せない
一期は二度と来ない一会である

毎度毎度の
「そいぎんたーがね」を
はじめてかのように
繰り返す

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして慶虫です。西日本で高校生相手に教育系のしごとをしています。 日々、考えたことを書いています。

目次