きっかけ

仕事でタイに出かけた際、
タイの高校生に学校内を案内してもらうことがあった。
その高校はレベルの高い高校で、
英語力もプレゼン発表の内容も、
連れて行った日本の高校生のはるか上をいくものだったが、
成熟度でいうと、タイの高校生は日本の高校生よりも数年遅い。
高校生2年生だというのに、
日本の中学生のような幼い行動をするし、
表情にも、日本の高校生には見られないあどけなさが残っている。
その子たちを見て、以前、
東南アジアの大学生と、夏に海水浴に行った時のことを思いだした。

彼らは、すでに大学生だというのに、
高校のスクール水着を着てやってきた。
大学生といえば、異性の目を気にするのが当たり前の年頃なのに、
彼らは、異性には目もくれず、がっつり、高校の水着で百道浜の海を泳いでいた。

学校を案内してくれた子たちの中に、
いろいろと気が利かせて、世話を焼いてくれる女子生徒がおり、
その子と、タイのことや日本のことについて世間話をしていたのだけど、
将来の話になり、「どこの大学に行くの」と聞くと、
地元の大学に行くつもりだと、ちょっとはにかんで、その子は言った。
そこは、首都から飛行機で一時間くらい離れた地方都市だったので、
「バンコクに出るつもりもないの?」と、
地元に残るという選択が、僕にとっては意外に思えたので聞くと、
「私は、地元の大学でいいんだ」と、自分に言い聞かせるような答え方をした。
まあ、そういう考え方の子なのかなと思いつつ、
答え方がちょっとひっかかったので、
話のついでに、自分が高校の時、海外に行ったこと、
海外で勉強するのは、いろんな面で刺激になることについて話した。

それから、その学校を離れ、他の目的地を回った後、日本に戻ると、
その子からメッセージが届いていた。
(ほんとに、今の時代は、高校生でも、すぐにSNSでつながれる時代だ)
彼女のメッセージには、僕と話してインスピレーションをもらったこと、
今まで奨学金の関係から、自分の英語力や成績では難しいと思っていた海外の大学が、
身近な人から話を聞けたことで、一気に現実味を帯びたこと。
これから、海外の大学に行けるよう、頑張ってみたい
という旨が、書かれていた。
たった数時間、大学のことについては、ほんの数分間だけ話したことが、
彼女にとっては、将来のビジョンを変えるきっかけになったのだ。
「身近な人」と彼女は書いたけど、
身近どころか、初めて会う日本人との数分の会話で、
「遠い出来事」が”現実味”を帯びて感じられる。
「現実味」って、そんなものなのだ。

おせっかいってするもんだなあと思う。
別に、初対面の海外の高校生に、自分のことを話す必要もなかったし、
彼女が地元の大学に行くつもりだと行ってるのだから、
海外で勉強することの良さなんて口にしなくてもよかったのに、
ちょっとしたおせっかいで話してみたら、
そのことが、彼女の考え方に、ほんの少しの変化を招いた。
もちろん、外国人との会話で、気持ちが瞬間的に高ぶっているだけで、
そのうち、やっぱり地元の大学だなと、現実を見始めるかもしれない。
それでも、人生、何がきっかけになるかはわからない。
ドラゴンズの左腕・濱田は、小学生の頃、クリスマスリースを作るために
母親と公園にドングリとマツボックリを拾いに行き、
マツボックリがなかなか見つからなかったために、
違う公園に歩いていくと、そこで野球少年に声をかけられ、
野球を始めることになった。
女優のシャーリーズ・セロンは、銀行からチェックの現金化を断られ、
「なんで金が下ろせないの!」と大声で叫んでいた姿が、
敏腕スカウトの目に止まり、一気に女優としてスターダムをのしあがった。
なにが転機になるかはわからない。
人生万事塞翁が馬。
賽は投げてみるに限る。