アマゾンエコー

去年のアメリカ・クリスマス商戦の主役は「アマゾンエコー」だった。
アマゾンが発売したAI搭載のスピーカーで、
声だけで操作が可能なデジタル機器。
手を触れずに言葉をかけるだけで、音楽を再生したり、
電気を消したり、天気予報や自分のスケジュールを確認したりできるこの新商品は、
未来を感じさせるデバイスとして大人気だった。

「空飛ぶ乗り物」や「食べたいものがすぐに出てくる装置」など、
昭和の人たちは、未来を感じさせるマシーンをたくさん想像していたけど、
現実にやってきた未来は、あの時想像した通りでもあるし、
あの時の想像とは違ってもいる。
ただ、3年前、友達とパスタ屋にいた時に、
僕は、自分がまぎれもなく、想像した通りの「未来」に生きていることを実感した。

友達とパスタ屋にいた僕がぼんやりと料理を待っていると、
店内のBGMを聞いていた友達がふいに席を立って、
店のスピーカーにスマートフォンをかざした。

すると、彼女のスマートフォンのアプリは、
店内に流れる音楽の曲名とアーティスト名を表示したのだ。
え?どういうこと?
それは、僕が小さい頃、
店内で流れていた曲がいい曲だと気づいたのに曲名がわからずに、
必死でメロディを覚えようとした時に、思い描いていた未来。
あの時、音楽を流せば曲名を教えてくれる機械があればいいのにと思った「未来」が、
2014年、すでに実現されていたのだ。
しかも、大したニュースにもならずに、ひっそりと。
そう、今は既に、ひっそりと、「未来」なのだ。

大正生まれのうちのばあちゃんは、
戦後、家電がどんどん家庭に入ってくるようになって、
そのあまりにも便利な電化製品たちに驚きっぱなしだったという。
ただ、家に、テレビがやってきて、洗濯機がやってきて、
電子レンジがやってきた時に、
「ここまでだ」と思ったという。
家が便利になるのは、ここまで。
これ以上、世の中が便利になることはありえない。
ここが、便利の頂点!
「未来」はすでにやってきている。
そう思ったばあちゃんの思いに反して、その後も日本の家庭には、
掃除機、炊飯器、FAX、ビデオデッキ、デジタルカメラと、
どんどん便利な電化製品はやってきた。
あまりにもたくさんの便利な道具がやってきすぎたせいで、
ばあちゃんは、途中からそれらを便利とすら感じなくなり、
インターネットやスマートフォンなんて、
便利過ぎて、何がどう便利なのか、
まったくわかっていない。

今週末、ばあちゃんは91か92歳かの誕生日を迎える。
お祝いは何を買っていこう。
もう便利なものはいらないだろうし、
そういえば、家のCDラジカセが壊れたって言ってたな。
CDラジカセはボタンが小さくて、操作が難儀だから、
ここは、やっぱり、声だけで音楽をかけられる、アマゾンエコーにするかな。