イニエスタ

イニエスタが神戸にやってくる。
スペインサッカー界の至宝、
FCバルセロナ下部組織からの生え抜きにして
世界中の誰にも代えがきかない、唯一無二のプレイヤー・イニエスタが日本にやってくる。
報道では、ヴィッセル神戸の育成やクラブ経営なども含めた壮大なプロジェクトに
イニエスタが乗ったということらしいが、
まだ世界の第一線でじゅうぶん戦えるトッププレイヤーの日本来訪を
素直に喜べないサッカーファンも多いようだ。

現役Jリーガーの中でも、イニエスタが好きすぎる故に、
Jリーグではなく、もっと上のリーグでやってほしかったと思う選手がいるようで、
ものすごい移籍話なのに、ものすごすぎるゆえに、
みな、少し怯えている。
たぶん、素直に、喜びに震えているのはサッカー少年だけで、
真面目な大人たちは、至極の完成品を宝の持ち腐れにしてしまうんじゃないだろうか、
奇跡のような才能を持て余してしまうんじゃないだろうかと、
世界2300万人のツイッター民から注目されることになってしまった
現状の責任の重さに、震えている。
これがブラジルなら、諸手を挙げて一晩中ステップを踏みつづけたことだろうし、
中国なら、夜が明けるまで紹興酒で祝ったことだろう。
広い土地の国の人たちの思考が羨ましい。
喜びとともに勝手にプレッシャーを感じてしまう、
この真面目な島国の考え方をどうにかしてほしい。

ちなみに、イニエスタの年俸は32億円らしく、
Jリーグのどのクラブ総額年俸よりも高く、
日本のプロ野球球団と比較しても、
ソフトバンク、巨人、阪神の次に、イニエスタ個人がランクインしてしまうという。
このあまりのぶっ飛んだ年俸に、
他の助っ人外国人選手が自分の待遇に不平をいいだすかもしれず、
今回の件が、
今後の外国人プレイヤーや日本人トップ選手の給与体系自体を揺るがしかねない。
そうやってまだ起きてないことの心配を無駄にするところが、
また日本人のせせこましさで、
そんなことを気にするより素直にスーパースターの活躍を楽しめばいいのに。
ほんと、嫌になる。

でも、間違っても、イニエスタにケガなどはさせないでほしい。
あと、せめて、神戸は優勝争いにからんでほしい。
間違っても、降格争いなんてしてもらっては困る。
最低でも5位フィニッシュ。
そのくらいだと格好がつく。
格好?誰に対して?
もちろん、世界の皆皆様に対して。
そう、日本人は、いつだって、誰かに気を使っている。