スポーツマンシップ

甲子園で、毎日、熱戦が繰り広げられている。
今年の選手宣誓はどこのチームのキャプテンがやったのか知らないが、
選手宣誓で「スポーツマンシップに則り・・・」と言うのは、
野球だけでなく、サッカーでも、バレーボールでも、
どの大会でも言われるお決まりのフレーズだ。
ただ、最近、ある高校野球の映像を見て、
「スポーツマンシップ」って何だっけなぁと思うことがあった。

ある甲子園予選の一場面でのこと。
一塁にいたランナーが二塁に盗塁し、キャッチャーが二塁に送球。
タイミングは確実にアウトだったが、二塁手がボールを落球したため、
誰もが「あぁ、セーフだな」と思った。
しかし、ボールをこぼしたことに気づかない塁審は大きく「アウト」の判定。
当然、攻撃側の監督は猛抗議。
それでも覆らない判定に、スタンドから客が何人も降りてきて、
球場が騒然となる、という映像があった。

もし、選手が「スポーツマンシップに則っ」てプレーしているのならば、
その二塁手は、「ボール、落としました」と言うべきだし、
選手が言わないとしても、守備側の監督が、
「今のはアウトじゃない」と、審判に申告するべきだ。
しかし、野球で、そういった「自己申告」を見たことは一度もない。
自分に有利な判定は、例え、明らかな間違いであっても、無視する。
野球では、それが、当たり前。
その当たり前は、「スポーツマンシップに則っ」ているのだろうか。

これが高校野球でなくプロ野球ならば、問題ないような気もする。
プロ野球選手は、これまで一度も、
「スポーツマンシップに則り」と選手宣誓したこともないし、
大人による”興行”が、「スポーツマンシップに則る」必要はない。
しかし、「スポーツマンシップに則り」と宣誓させ、
教育的側面を強調すアマチュア野球では、
「スポーツマンシップに則っ」たプレーを考えた方がいいんじゃないかとも思う。

野球で、自分の不利になる「自己申告」場面を目にしたことはないが、
サッカーでは、時々、そういう場面を見ることがある。
審判の見ていないところで、
わざとコケたり、わざと掴まれたフリをしたり、
スポーツマンシップの風上にも置けないようなプレーをするサッカーだが、
同時に、それらの”いきすぎ”を是正するようなプレーもある。
審判の明らかな誤審によってもらったPKを、
わざと遠くに蹴って外したり、
審判が間違って吹いた笛に対して、
有利な立場に立った選手の申告が、笛をなかったことにしたり。
もちろん、ほとんどの場合は、
間違った笛でも受け入れるし、
手を使って入れたゴールだって知らん振りして喜んでいるのだけど、
まれに、サッカー選手も、「スポーツマンシップに則る」ことがある。

「スポーツマンシップに則る」というのは、
ルールとマナーを遵守するということだ。
戦国時代のような、なんでもありの殺し合いではなく、
決められたルールと暗黙のマナーの上で、
正々堂々、勝負しようということ。
「塩がないと、フェアな戦いになんないよね」
そう言って、敵に塩を送り、戦う上での条件を同じにすること。
そう考えると、誤審を見逃すことは
スポーツマンシップに悖る(もとる)行為ではないのかもしれない。
どちらのチームにも起こる可能性のある誤審は、
見逃しても受け入れてもいい、天災のようなものだろう。
それは、どちらかというと、
スポーツマンシップではなく、気概の問題。
「誤審で勝っても、何も嬉しかねぇし」
そういった、選手の気概を示すための機会。
だとしたら、
これは高校野球のようなアマチュアではなく、
プロの選手たちが考える問題だろう。

プロ野球の試合で、同じように、盗塁の際に誤審があった際、
ピッチャーが、次のバッターをわざと四球で歩かせて、
その次のバッターにワインドアップで投球することで、
わざと二塁への盗塁を許すような、
そんな選手が出てくれば、野球界も変わるだろう。
「誤審で勝っても、何も嬉しかねぇし」
その言葉をプレーで示すようなプロの選手が登場したら、
多分、高校野球の「スポーツマンシップ」も、そのうち、変わるに違いない。