プレッシャーに強い人弱い人

赤面症の人を見た。
十数人の前で順番に自己紹介する機会があり、
ある女性に順番が回ってきたのだが、なにも言葉が出てこない。
皆は黙って見つめている(もしくは心の中で応援している)が、
それが余計プレッシャーになるのか、
顔が耳まで真っ赤になり、
小さな声で、自分の名前をかろうじて絞りだし、
聞こえるか聞こえないかの音量で、「よろしくお願いします」と言って、座った。
聞いていた人達は、他の人の自己紹介以上に拍手したが、
真っ赤な耳の彼女には、何も聞こえていないようだった。

人前で話すのが苦手な人がいる。
赤面する人、どもる人、もじもじしちゃう人。
人の視線やプレッシャーを感じてあがってしまい、何もできなくなる人達は、
けっこう、そのことをコンプレックスとして抱えている。
その逆に、まったくあがらない人たちもいる。
何万人の観衆があろうが、どんなにプレッシャーがあろうが、お構いなしの人たち。
むしろ、ギャラリーが多ければ多いほど、
プレッシャーがかかればかかるほど、
実力以上の力を発揮できる人たちがいる。
そういう人たちは、目立つ。
主役になれる適性がある。

ただ、そういう人たちの中には、
プレッシャーがないと何もできない人達も、けっこういる。
プレッシャーがあり、人の目にさらされていれば、努力もするし、結果も出すが、
人から見られていないと、まったくもってやる気を出さない人たち。
注目がないところでは、何の役にもたたない。
目立つ人には、そういう裏の面もある。
スポーツ選手の中で、引退後、まったくの廃人になってしまう人たちがいるのは、
彼らが、そのスポーツ以外何もできないからではなく、
”誰からも注目されないのに、日々、頑張る”ということが、
わからないからではないだろうか。
現役時代、有名だった選手ほど、
「褒メラレモセズ」「苦ニモサレ」なくとも頑張って生きていくということが、
わからない可能性がある。

赤面症の人は、人前で何も話せなくなる自分のひ弱な性質を恨むだろうが、
赤面症の人は、人に見られていないからといって、努力を放棄したりしない。
プレッシャーがかかる場面では、まったく役に立たなくても、
プレッシャーがない場面では、役に立つことがある。
プレッシャーのかかる場面で恥をさらしたとしても、
そんな場面は、プレッシャーに強いやつに任せておけばいい。
適材適所。
大したことじゃない。
この世は、人に見られる仕事より、見られない仕事の方が圧倒的に多い。

もし、拍手に言葉が乗っかるなら、
そういう言葉を乗っけて拍手を送りたかったが、
彼女はうつむいてて、何も聞こえてないみたいだった。
だけど、他の人の拍手にも、
たぶん、そういう言葉が、乗っかってたんだと、思う。
みんなの拍手は、そういう音のする拍手だった。