世界人類が平和でありますように

八坂神社にいくと、南門を入った敷地内に杭が打ってある。
「世界人類が平和でありますように」

日本人がいるところなら世界中で見られるというおなじみの、あの杭は、ある宗教法人が広めたとか、博報堂が関わっているとか裏の話もあるようだが、その文言自体は単純な祈りである。
「世界人類が平和でありますように」

祈りは「縁」を分け与える。
自分との「縁」があるから祈るのではなく
祈ることで「縁」ができる。
「世界人類が平和でありますように」
そう祈る時、世界人類とあなたの間に縁ができる。

世界人類との縁を作ろうと、世界中で、
「世界人類が平和でありますように」と書かれた杭を打っている人がいることを想う。
同時に、
木を植えたり、蜜を集めたり、介護をしたり、ピアノを弾いていることが、
「世界人類が平和でありますように」と祈ることになっている人がいることも想う。
祈り方は人それぞれだが、祈ることで、他人が他人で終わらなくなる。
世界が粗暴にならないために、祈ることは一つの方法である。