人の引っ張り上げ合い

  

陸上の短距離走が盛り上がっている。
先日行われた、100m走の日本選手権では、
サニブラウン・ハキーム、多田修平、ケンブリッジ飛鳥が表彰台に立ち、
10秒01という歴代2位の記録を持つ桐生祥秀は、4位という結果に終わった。
短距離界は戦国時代に入り、
誰が最初に9秒台を出すかに大きな注目が集まっているが、
9秒台に届きそうな選手が4人も5人もいるなんて、
数年前までは想像だにしていなかった。
当たり前のように皆が9秒台を期待する中で走るのは大きなプレッシャーだろうが、
本人たちも9秒台を出せると思っているのだろうし、
そのうち、9秒台は、本当に出てしまうのだろうと思う。
「9秒台なんて不可能」と思うよりも、
「9秒台はそのうちでる」と、周りや本人が思っている方が、
ずっと簡単に9秒台は達成される。
できると思うことはできる。
脳は、そういうふうに、できている。

北欧にエストニアという小さな国がある。
杉並区と世田谷区を足した数の人口しかいない小さな国だが、
最先端のデジタル国家として知られており、
たくさんのスタートアップ(ベンチャー)企業を生み出している。
そのIT起業勃興のきっかけになったのが、
インターネット電話サービスのskypeで、
それまで世界的スタートアップを生み出すのは、
海の向こうのアメリカ人だと思っていたエストニア人たちが、
身近な存在であったskypeの大成功を目の当たりにして、
「俺らにも、できるんじゃねえの?」
と思い、多くの若者が行動し始めたのだ。
自分たちと同じようにソーセージを食って、
自分たちと同じようにビールを飲んでるやつらにできたのなら、
俺にだってできるはず!
近くにいるやつにできるなら自分にもできる。
そういうふうに、人間は考える。

若干14歳の棋士、藤井聡太四段の勢いが止まらない。
14歳とは思えない突出した活躍を見せているが、
これから、藤井四段を追いかける同世代棋士が必ず、現れてくる。
30年前、羽生善治を追って、
佐藤、藤井、森内などの同世代棋士が多く現れたように、
一人の突出した才能は、違う才能を連れてくる。
人は、頭の中にある「常識」を打ち壊す才能を目の当たりにすると、
それまで自分には無理だと鍵をかけていた脳を施錠する。
「あいつにできたんなら、俺にも、できるはず」
そうやって、知らず知らずのうちに、人は人を伸ばしていく。
「足の引っ張り合い」の反対の、「人の引っ張り上げ合い」。
新しい時代や新たな記録は、そうやって、みんなで、
引っ張り上げ合いをしながら、作られていく。