偉い人

偉い人を最近、みない。
偉い人はどこにいるのだろう。
子どもの頃、偉い人は、伝記の中にいた。
エジソン。
野口英世。
キュリー夫人。

エジソンは偉い。
白熱電球、蓄音機など、様々な発明をして、人々の生活をガラッと変えた。
野口英世も偉い。
黄熱病に効果のある研究をし、数多くの命を救った。
キュリー夫人も偉い。
ラジウム放射を見逃さず、がん治療の手段を提供した。
また、男だらけの学界で、女性として地位を築いた。

子ども向けの伝記シリーズは今もあって、
「偉い人」のラインナップには、そんなに変化がない。
上の3人は、いまだに伝記ものの中心にいて、
本田宗一郎だとか、シャネルだとか、
後発の新人も少しは入ってきているが、
基本の「偉い人」たちには、変わりがない。
ただ、彼らが活躍した時代、
日本や世界には、貧困や欠乏があり、
世界の偉い人になるためには、「そのハンディキャップを克服した上で、
社会に蔓延する不条理を改める」ということが必要だった。
キュリー夫人は経済的に欠乏しており、
野口英世は左手が使えなかった。
エジソンは小学生の時、すでに学校に見捨てられて、
まともに公教育を受けさせてもらえなかった。

時代を経て、平成の世になっても彼らの「偉さ」は変わらないが、
あの時代にあったような、
悲しいまでの貧乏や、理不尽なまでの社会的不平等は影を潜めるようになった。
今のこどもは、「ふつう」の中で、もがいている。
憎むべき貧乏も、大きく曲がった母の小さな背中もない。
どこの家庭も「金がない」と言いつつ、
マックとユニクロとダイソーとyoutubeとパズドラで、
日々の暮らしを、ぼちぼちやっている。
克服すべきハンディキャップのない、
「ふつう」の世界で生きている彼らの目標となるようなこれからの「偉い人」は、
たぶん、自分の”好き”を貫いた人だ。
社会のためでなく、自分のために頑張った結果が、
みんなのためになってしまったような人。
例えば、ジル・サンクロワ。
サーカスが好きだっただけなのに、
高次元でアートとエンターテイメントが融合できることを、
シルク・ドゥ・ソレイユを作ることで証明してしまった。
ジルは、偉い。
例えば、岩田聡。
プログラミングが好きでのめり込んでいただけだったのに、
好きが高じすぎて、任天堂の社長として、
WiIやNintendoDSを世に送り出した。
岩田さんも、偉い。
別に、自分の好きなことをやっているだけなんだから、
当人ががんばろうが頑張るまいが他人には関係ないはずなのに、
彼らが頑張ったおかげで、結果的に、みんなが喜ぶことになった。
それがこれからの「偉い人」。
社会に打ち克った人じゃなく、
自分に打ち克った人。
そういう人が、これからの「偉い人」で、
そういう人には、「ふつう」に生きている今の子どもも、素直に憧れることができる。