平常心

ファイターズ・大谷翔平のエンゼルス行きが決まった。
ヤンキースかパドレスかマリナーズかと言われた中で、
大方の予想を裏切ってのエンゼルス入りだが、
大方の予想通りに動く選手ならば、
そもそも今年の移籍なんて考えていない。
来年以降に移籍すれば、
契約金として100億円近く入ってくると言われていたにもかかわらず、
たった数億の契約金で今年の移籍に踏み切った青年の判断は、
アスリートであってもビジネス感覚の強いアメリカ人からしたら、
理解しがたいものらしい。

大谷がアナハイムで開いた入団記者会見は、
それまでのどのアスリートの入団会見よりも
”意気込み”が感じられなかった。
誰であっても、これからの挑戦について語る入団会見は、
興奮したり意気込んだりするものなのに、
平常心というか、自然体というか、
余計な肩の力がまったく入っていない会見だった。
新人のはずなのに、初々しささえ感じられない。
だからといって、老成しているというわけでもない。
本当に珍しいタイプの選手だと思う。

スポーツ雑誌・ナンバーでは、彼のことを「好青年」と形容していたが、
「好青年」にも程ってもんがある。
自分の夢のために100億円を蹴って、
自分のしたいことがやれるという理由だけで球団を選び、
その入団会見で、なんの上気もせずに、平常心で挨拶するこの東洋の青年は、
異国の人にとっては、ミステリアスで奇異な存在に映るだろう。

「日本のベーブ・ルース」入団のために動いたのはほぼ全球団と言われているので、
エンゼルス以外のチームは大谷に振られた形になる。
打者として打席に立つ大谷に対するインコース攻めは自然と厳しくなるだろうと
どこかの記事に書いてあったが、
多分、大谷に対する攻めの厳しさは、
振られた腹いせからではなく、
その腹の中が理解できない不安からくるものだろう。
大谷が活躍すればするほど、
彼の自然体な振る舞いは、敵に恐怖を与えるだろう。
是非、一年目からメジャーを震え上がらせてほしい。