手アイロン

アイロンの得意な人というか、
アイロンの専門家みたいな人がテレビに出ていて、

「まず、なによりも、”手アイロン”が大事だ」と言っていました。
”手アイロン”って言い方かどうかは忘れてしまったけれど、
アイロンでしわを伸ばす前に、まず、「手でしわを伸ばしなさい」ってさ。
手でしわを伸ばすことが、アイロンの仕事では、7割くらいを占める大きな作業で、
アイロンの熱と圧力使ってやるしわ伸ばしなんか、
ゴルフスイングのフォロースルーみたいなもんで、
”ついで”でしかないですわって、その人は言っていた。

へぇ。さよか。

アイロンの力に頼るんじゃなくて、
まず、自分の手でできる限りしわを伸ばしなさいだなんて、

病気の人が、薬に頼る前に、自分のからだの治癒力を信じなさいみたいな話で、
信憑性があるような、ないような話。
ただ、信憑性ないかもしれんけど、やってみる価値はあるなと思った私は、
アイロン台を前に、ボーダーTシャツのしわを、
手で丁寧に伸ばし伸ばし、
「フォロースルー」として、アイロンの圧力と蒸気で、残りのしわを伸ばした。
うん。さよか。
”手アイロン”が、アイロンがけの7割近く占めるってのは、やっぱいいすぎ。
「気持ちの持ち方」としては、その考え方、悪くないけど、
”手アイロン”の効果は、よくて3割。
実質2割ってとこか。

手だけでは、しわは大して伸びない。
Tシャツのしわは、しわしわのまま。

しわしわのシャツは、しましまの柄。
やっぱ、アイロンでのアイロンがけが、最高。

”手アイロン”では、2割しか伸びなかったしわを伸ばすために、
アイロンの電源を入れて、正座して、アイロンの温度が上がるのを待つ。

ピピピっという電子音を合図に、
アッツアツのアイロンを、アイロン台のTシャツの左肩に乗せて、しわっしわのTシャツを伸ばす。
ジュー。
やっぱ、アイロンでのアイロンがけ、最高。
”ついで”に、しわが伸び切らない襟元を、”手”で伸ばす。
そう。”手アイロン”。
こっちこそが、”ついで”の、「フォロースルー」やろ、やっぱ。