打席数

  

イチローがチームを離れるらしい。
マリナーズからヤンキースを経て、3つ目の球団に当たるマーリンズで今期、
主に4人目の外野手としてプレーし、
打率.255、169打数50安打という数字を残した。
安打数は過去最低だったが、
本人は「最低でも50歳まで」とコメントしているので、
次の球団でもぜひ、頑張ってほしい。
ただ、日米併せての通算打率はいまだ、.323で、
メジャーのみの通算打率でも.312ある。
しかもこれは、プロ26年、14779回打席に立っての数字だ。
100打席や1000打席で残した.323ではない。
見事というよりほかない。

三つ前のコラムで、「子どもたちは怒られることを恐れている」と書いたが、
こどもが怒られることを恐れるのは、
「打席」に立った回数が少ないからだ。
まだ「打席数」の少ない子どもは、一回の「アウト」を恐れる。
その一回の”怒られ”が、「打率」に大きく影響することを気にする彼らは
怒られないように、そおっと振る舞う。
しかし、もう何十年も生きて、「打席」に立ち続けている人たちは、
一回や二回の”怒られ”なんて気にしない。
何千試合に出場している大人の「打率」は、
一度の凡打では、下がらないことを知っているのだ。

「打席」に立つ回数が多くなると、一打席、一打席が軽くなる。
それは、「余裕」でもあるし、「赦し」でもある。
過去の「打席」で、「優しさを見せたり」「気遣いを見せたり」、
「笑わせたり」「手伝ったり」「一緒に物事を進めていたり」していれば、
一回くらい「ミスしたり」「怒ったり」「ケンカしたり」「さぼったり」しても、
そんな大きな痛手にはならないし、それによって関係が壊れることもなくなる。
「打席」が増えれば増えるほど、一度の”怒られ”なんて問題にならなくなる。
一度の”怒られ”で信頼関係が崩れてしまうかもと思うのは、
まだ、あまり、打席に立っていないからだ。
「打席」は思ったよりも数多くあるし、
意欲さえあれば、「打席」を増やしていくこともできる。

「そのことは、怒られてから考えよう」
そういう考え方ができるのは「打席」に多く立ってきた大人だけで、
だからこそ、子どもの背中を押せるのは、大人だけだったりするのだ。