撮られ慣れ

 

高校で新学期が始まると、新しいクラス全員で、クラス写真を撮る。
今時の高校生たちの写ったクラス写真を見て驚くのは、
生徒たちの写真写りの良さだ。
誰もが「いい顔」で写っている。
みんな、なんていうか、撮られ慣れてるなぁ・・・と思ってしまう。
僕が高校生の頃なんか、
どういう顔していいかわからないままにシャッターが切られて、
目をつぶっていたり、ぎこちない笑顔だったり、
クラスの可愛い子さえも、微妙な表情で写っていたのに、
今の子たちは、皆、普段通りか普段以上の「いい顔」で写っている。
しかも、それが「キメ顔」でもないのが恐ろしい。
ナチュラルにいい表情。
自撮り文化、ここに極まれり、だ。
世の中が携帯電話を持ち出した頃に大きくなった彼らでさえ、
このハイスペックなので、
スマートフォン時代に生まれ育っている今の小学生なんかは、
どれほど「写真撮られ」のテクニックを身に着けてくるのだろう。

今の高校生はスマートフォンを持ち歩いているので、
普段から何枚も写真を撮りあっているが、
スマートフォンなんてなかった時代でも、
学生たちは、自分たちの写真を妙に撮りたがっていた。
これまで生きてきた時間が短いからか、
子どもたちは、自分たちの生の記録を欲しがる。
写真に残された記録を見て、
自分たちの生の存在を確認し、安心している節がある。
これまで生きてきた時間が長い老人や、子育てしている親たちも写真をたくさん撮るが、
彼らがたくさん撮るのは、「生の記録が欲しいから」ではなく、
「時の移ろいを止めたいから」だ。

今しか咲かない花や、二度と訪れることのない「3歳児の我が子」を、
「記録に残しておきたい」と思う気持ちが、シャッターを押させる。

「写真に撮られたい」「記録に残したい」と思うのは、
「記録に残さないと不安に思う人たち」と、「記録に残して時を止めたいと思う人たち」だ。
だから、一番、写真を撮らないのは、世のおじさん達。
生の不安からも、時を止めたい欲求からも、もっとも、縁遠い人たち。
でも、だからこそ、
記録に頼らないおじさん達が、もっとも、安定して生きているとも、いえる。
おじさん達に、自撮り文化はない。
記録に頼らなくても、おじさん達は、楽々と生きていける。
おじさんと言われる人たちは、生き物として、もっとも安定している。