末っ子

「末っ子はずっと末っ子扱いされる」という文句を、
3人兄弟の末っ子から聞いた。
末っ子は末っ子として育てられるもんだから、ただでさえ末っ子っぽいのに、
成人しても、結婚しても、家族が末っ子扱いするから、
いつまでたっても、末っ子感が抜けきらないのだという。
たぶん、このままいけば、末っ子っぽいばあさんになるのだと。
そういった、周りからの扱われ方が、
その人の人格形成に影響するは当たり前にあるわけだけど、
そういう影響は、なにも、個人としての扱わ方だけに限らない。
自分の家族が周りにどう見られているかとか、
自分の学校が周りにどう見られているかなど、
自分が属している集団が、
自分のメンタリティに影響を及ぼすことも、多くある。

僕が小学生の頃入っていた少年野球チームは
けっこうできるメンツが揃っていて、県内でも強いチームだったけど、
県の下の、”郡”内に、県下一のチームがいて、
全国でベスト8に行くような強豪だったので、
僕のチームは、小さな地区の大会でも、あまり優勝することができなかった。
5年生、6年生の2年間で一度もその強豪に勝つことができなかった僕らは、
成績だけみると、強いチームだったかもしれないが、
チームのメンタリティとしては、”チャンピオン”とはほど遠かった。
結果として試合に勝つことも多くあったけど、
勝つことを当たり前だとは思えなかったし、
絶対勝つもんだと思って試合に臨むこともなかった。
そして、それは、少なからず、今の自分に影響している。
なんで、小学生時代のチームに張り付いていたメンタリティが、
今も剥がれずくっついてんのかはわからないし、
その後に、いろんなチームやコミュニティに所属して、
メンタリティは上書きされているはずなのに、
子どもの時について、消えていかないメンタリティってのもある。

子供の頃にいたチームのメンタリティに影響されることすらあるのだから、
子どものころ、”末っ子”として植え付けられたメンタリティが、
その後、ずっと尾を引くのもしかたがないことなのだろう。
末っ子は、ずっと末っ子だ。
もちろん、末っ子にかぎらず、長男はずっと長男で、
一人っ子も、ずっと一人っ子だ。
兄弟構成は、その後に上書きされることもほぼないので、
どれだけ歳を重ねても、”三つ子のソウル”なんちゃらなんだろう。