本当の試験

中学の時は、塾に行っていたので勉強ができた。
学校のテストなんて始めの20分で最後まで終わり、
そのあとの5分を使って気になった問題を見直していた。
念のためケアレスミスがないか、その後5分かけてチェックしたら、
残りの20分は、ぐうぐう寝ていた。
寝たといってもうつ伏せになっていただけだけど、
たまには、本当に寝ることもあった。
本当に寝ちゃったとしても、
残り5分になると先生がアナウンスをかけるので、
5分前には、必ず目を覚ます。
「残り5分」
いつもの声で夢から覚めた僕は、
むにゃむにゃしながら起き上がり、
答案用紙に広がる大きなヨダレの海を見て、固まった。
ヨダレの海と呼ぶにふさわしい大きなヨダレ。
20分前、余裕で解いた回答達が、海の底に透けて見える。
バッと、教室の時計を見上げる。
残り4分。
寝ぼけ眼から一変。
一気に、海を乾かしに入る。

ハンカチ。
持ってない。
ティッシュ。
持ってない。
下敷き。
机の引き出しに入っている。
でも、今試験中。
どうしよう。
吸うか?吸うか?
思考が慌てる。
焦るな、焦るな、まだ時間はある。
残り3分。
ロスタイムなし。
勝負は、ここからだ。
本当の知恵が試される本当の試験は、これからなのだ。