枠に順応する性質

こんな文章を書いていると、まちを歩いている時にも、
こんな文章のネタになりそうなことに、目がいく。
こんな文章を書いていなければまったく目につかなかったことが、
こんな文章を書いているために、すぐに目につくようになっている。
こんな文章用の、こんなコラムの枠があればこそ、
いろいろと見えてくるものもある。
内容ではなく、「はじめに枠ありき」だ。

毎日車に乗る生活をしていると、
だんだんと尻が座席にフィットしてくる。
タントならタント用の尻に、プリウスならプリウス用の尻に、
だんだんと、自分の尻が近づいてくる。
それはお風呂においても同じで、
毎日風呂に浸かっていると、
だんだんと体が湯船にフィットしてくる。
単身用の狭い湯船なら、単身用の体に、
豪邸のどでかい檜風呂なら、檜風呂用の体に、
だんだんと、からだが湯船に近づいてくる。

人間は順応する生き物だ。
枠があると、いつもその枠に勝手に順応しはじめる。
座席や湯船などの物理的な枠だけでなく、
肩書や所属など、社会的な枠にも、人は勝手に合わせ始める。
最近では、そういうことを「寄せていく」という。
「大食いキャラ」として認知されているので、自分を「大食い」に寄せていく。
「歴女」ってことになっているので、自分を「歴女」に寄せていく。
本来ならそこそこの興味しかなかったものでも、
キャラとして認知されている以上は(もしくは認知してほしい場合は)
必要以上に、興味関心を持って、その枠に自分を寄せていく。
自ら寄せていくことで、自分を枠にきっちりフィットさせる。

この人間の性質は使いようで、
自分を変えたいならば、中身より先に、枠を変える方がてきめんだ。
でも、自分を変える必要がない時ほど気をつけなければ、
気づかぬうちに、私たちは、自然と枠に寄せていっている。
そして、知らぬ間に、枠にはまり、人を枠にはめ、
決まりきった見方でしかものごとを見なくなる。
その、自分でも気づかない「寄せ」は、
気づかぬうちに、身の回りに侵入してくるのだ。
注意しないと、気づかぬうちに、決まりきったコラムの枠には、
その枠に寄せた、決まりきった文章しか書かれなくなる。
気をつけろ。
枠は、硬直化を呼び、マンネリを招く。
これからのコラムは「です・ます」調ででも、書いてみようかしら。