近代教育

こどもたちになにかを教える時、
「近代教育」じゃない形ってのをいつも考えている。
僕は生徒とご飯を食べたり、自分の部屋をみせたりするが、
そういう部分は「近代教育」じゃないだろうなあと感じる。
「近代教育」では、
学ぶということが「知識の伝達」になっていて、
どの先生に習おうが、「正解」を知るためには誰でもいいとされる。
正解はすでに、教科書や参考書の中にあるもので、
魚の食べ方のきれいな先生に教わっても、
部屋の汚い先生に教わっても、
教科書の正解が変わるわけではないという前提。
いい先生かどうかの判断は、教え方がうまいかどうかだけなのだ。

しかし、近代以前、教わるというのは、
「先生から知識を伝えてもらう」ことではなく、
「先生を見てとる」ということだった。
職人の世界に「見て盗む」ということがぎりぎり残っているように、
先生は教えてくれる人ではなく、見ておくべき人で、
教わる人は、先生の一挙手一投足を見て、
何か学ぶべきことがあるはずだと思いながら、真似た。
その時、彼らは、先生「全体」から学ぼうとしていた。

学校でも塾でも、教科書の中の知識は細切れになっていて、
全体をうまくつかむことはできない。
単元ごとに別れた学習は、効率のいい学び方ではあるのだけれど、
それは、スポーツでいうと、
ドリブルやパスの練習を延々とやっているようなもの。
どれだけ練習だけを積んでもわからないことがそこにはあり、
試合でしか学べないこと、
さらにいえば、大きな大会でしか経験できないことってのがある。
どれだけドリブルやパスがうまくなったとしても、
前後半合わせた40分の試合を通して勝てるチームにならないと、
強くなったとはいえない。

ずっとドリブルばかりしててもしょうがないように、
ずっと細切れになった知識だけを溜め込んでも、しょうがない。
細切れになっていない「全体」としての知識は、
「人」という形で現れているのだから、
もっと人を見て学ぶということを思い出さなくてはいけない。
「人から学ぶ」というのは、「全体から学ぶ」ということ。
部分ではなく総体としての人間をみることで、
知識の現れ方や知識の使い方が見えてくる。
普段、教壇で教えている人が、
魚を食べている時、本を読んでる時、ぼんやりしている時、
その姿を見ることで、気づくことがたくさんある。
僕の生活を見ていれば、そこには盗むべき多くの優れた点がある
なんてことは、酒に酔ってても言えないし、
真似してほしくない部分がほとんどだが、
人間を見て学ぶという方法がきちんと身についていれば、
今後、大学や社会に出て、
本当に真似るべき先生を見つけた時に、
その人から学ぶことができる。
大切なのは、対象がなんであれ、方法が身についているということ。
方法が身についてさえいれば、この先、どうにだってやっていける。