都会のいいところ

都会のいいところ。
都会のいいところは、
みんなが格好つけてるところ。
必要以上に着飾って、
必要以上にスカした顔で、
必要以上に肩肘張って、歩いている。
それが、都会のいいところ。
都会にいると、背筋が伸びる。
都会にいると、ピリッとする。
都会にいると、着飾ることが、
知らず知らずのうちに、
誰かをインスパイアしているってことを思い出す。
都会の人は、必要以上に、格好つけてる。
それが、都会のいいところ。

都会のいいところは、
たくさんの人が、人前で本を読んでいるところ。
電車で、カフェで、本屋さんで、
たくさんの人が、本を読んでいる。
スマートフォンをいじっている人が多い電車の中でも、
いまだにたくさんの人が、立ったまま、本を読んでいる。
単語帳を開いている田舎の高校生たちよりも多くの大人が、
文庫本を、小説を、新書を、ビジネス書を、立ったまま読んでいる。
受験をすでに終えた大人は、
自分が知りたいことを知りたいという、
受験勉強の時にはなかった興味のもとに、本を読んでいる。
都会にいると、難しい本を読んでいる人を目にする。
都会にいると、聞いたこともないような本を開いている人を目にする。
都会にいると、人が本を読んでいる姿が、
知らず知らずのうちに、
誰かの知的好奇心を刺激しているということを思い出す。
都会の人は、本を読んでいる姿を人に見せつける。
それが、都会のいいところ。