10/28 自動車業界再編

日産が、傘下に収める三菱自動車の新経営体制を決めた。
あれ、この前も、トヨタがスズキと業務提携の話に入ったと
聞いた気がするぞ。
夏には、ホンダがヤマハとスクーターでの業務提携を決めたと
も聞いた気がする。
なるほど。
業界再編ですか。
市場が世界に広がり、単独企業では競争できなくなっている。
グループを形成して、集団で戦うしかないのだ。
中規模サービス業も、Tポイントカードグループに入るか
Pontaカードグループに入るか、
楽天カードグループでやっていくのか、迷っている。
なかなか一社ではやっていくのは大変だ。
大きな傘の下に入るしか道はなくなっている。

日産とルノーの社長、カルロス・ゴーン氏は、
三菱自動車の会長となり、三菱の現社長留任を決めた。
今や、日産と三菱の上下関係は明らかだが、
日産が持つサッカーチーム、横浜F・マリノスはずっと、
三菱が親会社の浦和レッズの背中を追っている。
あまりレッズが強いと、ゴーンさん、腹を立てるかもしれない。
横浜F・マリノスの「F」は、フリューゲルスの「F」で、
以前横浜にあったもう一つのサッカーチーム「横浜フリューゲルス」
を吸収した時の名残だ。
マリノスにはチームを吸収した過去がある。
あまりレッズがマリノスを負かしていると、
そのうちマリノスに吸収されてしまうかもしれない。
気づいたら「横浜F・『R』・マリノス」になっているかもしれない。
親会社がマツダのサンフレッチェだって、
今後の業界再編次第では、マリノスに吸収されるかもしれない。
「横浜F・R・『S』・マリノス」になるかもしれない。
ヤマハ発動機が親会社のジュビロ磐田だってそうだ。
気づいたら、「横浜F・R・S・『J』・マリノス」
になっているかもしれない。
そんなマリノスも、うかうかしていると危ない。
親会社のルノーの足を引っ張ったら、すぐにでも
「日産スタジアム」が「ルノースタジアム」に変えられ、
チーム名も、「パリ・F・マリノス」に変えられるかもしれない。
げに、業界再編は、恐ろしい。