1/1 時の流れ

今日から2017年だ。
去年の夏頃、ようやく「2016年」に慣れ始め、
秋口にようやく「平成28年」を頭の中で計算しなくても、
すっと出てくるようになったのに、
もう2017年。
ちょっと一年が早すぎる。
もう少し、ゆっくりやってもらいたい。

時間の流れの感じ方は、人それぞれ違う。
大人は、「この前、正月だったのに、もう三月になってる!?」
「もう、上半期終わっちゃった!」と
時間がたつ速さをよく嘆くが、
大人が子どもと較べて、時間を速く感じるのは、
大人の方が分母が大きいからという説明がある。
50歳の1年が50分の1なのに対して、
5歳の1年は5分の1。
大人の方が、分母として、今までかけてきた時間が長い分だけ、
一年や一ヶ月が、結果として小さいものになる。
まだ、数回しか「1年」を経験していない子どもにとっての「1年」が、
大人より貴重で、長く感じるのは当然なのだろう。

時間の感じ方は人それぞれだ。
どこの誰だったか、
「時計の秒針は、登る時よりも降りる時の方が速い」
と言っている人がいた。
秒針が、下から上に上がる(6から12)のにかかる時間は、
秒針が上から下に降りる(12から6)のにかかる時間よりも遅い。
秒針が降りる時間と、秒針が上がる時間は、
どちらも30秒だと思っていたのに、
下から上にあがっていく方がしんどいはずだから、
同じ30秒であるはずがないと、その人はいう。
時計という客観的に時を測定すると思っていた物すら
実はからくりがあって、
「しんどい上り」と、「しんどくない下り」で
帳尻を合わせて、60秒としているのかもしれない。
そうだとしたら、信頼できる時などないのだ。
時間の感じ方は、人それぞれ。
365日あると思っている2017年も、
皆に平等な365日ではない。
人それぞれなのだ。
皆にとって、身の詰まった365日であってほしい。