1/30 見た目の若さ

フェデラーが全豪で優勝した。
怪我からの復帰後初の大会で、
ライバル・ナダルを倒し、7年ぶりの優勝。
NHKの実況者は、「なんという35歳だ!」
と、興奮して叫んでいた(NHKなので控えめに)。
20代にピークを迎えるといわれるテニスにおいて、
35歳で、しかも、膝の手術を経ての全豪制覇。
本当に、なんという35歳だ・・・。
ん?35歳?
フェデラー、この顔で、35歳か・・・。
フェデラー、35歳には、ぜんぜん見えないな。
世の35歳は、もっと、ふにゃっとした、ふわっとした顔をしている。
こんな貫禄や風格はない。
業界を肩に背負ってると、やはり、ああいう顔つきになるのだろうか。
試合以外では、まだふにゃっとしている27歳の錦織も、
これから、ああいう顔つきになっていくのだろうか。

同じ35歳だとしても、
若い時期にピークを迎えるスポーツ選手と
中年になってから権力を握り始める政治家とでは、老成ぐあいが違ってくる。
顔は「社会」によって作られる部分があるようで、
ヲタクと呼ばれる人達は、総じて、顔が幼いと言われる。
趣味に生きる人は、社会的な顔つきになる必要がないので、
歳を重ねても、見た目が幼いままでいいのだろう。
「見た目が若い」というのは、現代では褒め言葉だが、
年相応の若さでないと、社会的な信用が得られないこともある。
年齢に不釣り合いな若さは、不気味でしかない。

社会が顔を作る以上、子どもと大人を、
年齢だけで分けるわけにはいかない。
立場や境遇が、人を大人にしていくことも、大いにある。

ある人は、大人と子どもの分け方を、こう教えてくれた。
未来のことを語るのが、子ども。
現在のことを語るのが、大人。
過去のことを語るのが、老人。
まだ30代なのに、老人のように話す元スポーツ選手もいれば、
40代なのに、子どものように、ロボットの未来を語る技術者もいる。
若いか老いているかは、年齢でははかれない。
年齢は、ただの数字であり、
心が若ければ、「一生、青春」。
そう、野村克也の奥さんは、70歳の時、言っていた。
70歳でまだ青春が送れるなら、
フェデラーはまだまだこれからだ。
次の舞台は、全仏かな・・・?
でも、次こそは、今度こそは、全仏こそは、ガンバレ、錦織!