8/12 男を愛でる時代

オリンピック前、「イケメン」男子選手を特集した雑誌が
ポンポンポンと出た。
時代は変わった。
十年前なら、美女選手マガジンは出ても、
イケメン選手マガジンは絶対に出なかったと思う。
今や、女より男を愛でる時代だ。

80年代、(不良が)美女を形容する言葉は「マブイ」だった。
2010年代、「マブイ(女)」は消え、代わりにその席には
「イケメン(男)」が(市民権を得て)居座っている。
イケてるメンズだ。
イケてるウィメンズを「イケウィ」とは呼ばない。
「美女」とか、「可愛すぎる」とか呼んでいる。
男を愛でる時代に、可愛い女の呼称などいらない。

「マブい」女がいた頃、若者にとってかっこいいものは
「ナウい」といわれていた。
「ナウい」が「イケてる」に取って代わられた90年代、
世紀をまたいだら、この「イケてる」も
すぐに消えるんだろうなと思っていたら、
2016年でも健在だった。
むしろ「イケメン」などと、大手を振っている。

新しい言葉が出ないと、新しい時代はこない。
はやく「イケてる」に変わる若手が出てこないかなと
思っていたら、徐々に「やばい」が出てきた。
「ナウい」も「イケてる」も「やばい」も
ちょっとずつ使われる範囲は違うが、
要は、「Cool!」ってとこだ。
はやく、いい男が「やばメン」と呼ばれるようになって欲しい。

元号が変われば新しい時代になるが、
言葉が変わらないと真の新しい時代はこない。
「イケメン」ですね?と言われることが悪口になった時、
本当の意味で、「平成」は終わる。