unconscious

 

悪寒がした。
関節が痛む。
脈がとんでもなく速い。
首がやかんのように熱い。
やばい。
インフルエンザかもしれない。
そういえば、職場で休んでいた人がいた。
あの人に移されたのかもしれない。
これから一週間休むことを考えると、
どうにかただの風邪であってほしい。
とにかく一刻も早く、暖かくして寝ることだ。
一にも二にも、暖かくして寝ること。
まだ暖房器具を出していなかったこともあって、
押し入れにあった電気カーペットを抱きかかえて、
ありったけの布団をかぶって寝る。

何時間寝ただろうか。
朝になって目を覚ますと、昨日の症状はすべて消えていた。
治った。
寝たら、治った。
「冷えは万病の元」とはよく言ったもので、
暖かくして寝れば、たいていの症状はよくなるもんだ。
寝ている間に、からだのすみずみに行き渡った”僕”がよく頑張ってくれたのだろう。
よくやってくれた。
意識(conscious)としての僕がなにもしなくても、
無意識側(unconscious)の僕がどうにかしてくれる。
ナイス、アンカンシャス。
まじ、感謝っす。

意識側の僕は、無意識側の僕を常日頃から信用しているので、
からだの調子が悪いときだけでなく、
こころの調子が悪い時も、よく、無意識側に主導権を渡す。
たとえば、「ふて寝」。
「ふて寝」はいい。
嫌なことがあっても、寝て起きたら、嫌な気分は消えている。
それは多分、無意識世界での経験が、現実世界の経験を上書きするからだ。

嫌な記憶は、その後の楽しい記憶で消していくしかないが、
現実世界は時間と空間に限りがあるので、
「次の日」までにハワイに行って楽しい経験をするなんてことはできない。
でも、夢の中なら、それができる。
ハワイの見知らぬレストランで、ジョンレノンと食事をしたり、
ハワイの空手道場で、旧友と組手をするなんてことができる。
意識側に戻ってきた時におぼろげにしか覚えていなくとも、
目を覚ませば、「昨日」のできごとは、はるか遠くに遠ざかっている。
ナイス、アンカンシャス。
まじ、感・・・。

からだのことでもこころのことでも、
意識側と無意識側は交代で僕を守っている。
詩人の谷川俊太郎が「朝のリレー」で、
「ぼくらは朝をリレーするのだ(中略)そうしていわば交代で地球を守る」
と言ったように、
”僕ら”は”主導権”をリレーしながら交代で”僕”を守っている。

悪寒がしたり関節が痛んだり、からだが警告を発した時は、
こうやって文章を書いている”僕”の出番ではない。
さっさと布団にもぐりこんで、向こう側にリレーするに限る。
”僕”はひとりで”僕”をやってるわけではない。
無理して”僕”ひとりで頑張ろうとすると、たたる。
リレーできるものはリレーすればいいのだ。