おべんちゃらを言う相手

 

「お茶」の世界では、10年続けていても、まだ若手扱いされる。
40年、50年とやっている人がザラにいるからだ。
50年やっているおばあさんなんかはさすがに腰が曲がっていて、
「そんなに長く、お茶を続けられて、すごいですねえ」
なんて、周りに声をかけられている。
そうおばあさんに言う人たちは、本当にすごいと思っているのか、
ただのおべんちゃらで言っているのかは、よくわからない。
なんといっても、お茶の席での会話だ。
真実は表に出てこない。

哲学者や数学者の中には、30年、40年と、
同じルーティーンを繰り返しながら生きている人も多い。
毎日同じ道を通り、同じものを食べ、同じ量の日記を書く。
そうやって同じことを繰り返していると、いつもとは違う、
小さな違いに気づくようになる。
それは自然や現象の中に見いだす(小さな)変化の場合もあるし、
それを見いだした自分の中に感じる(小さな)変化の場合もある。
ずっと「同じ」を続けていないと、
小さな「違い」には気づかない。
それは、たぶん、「お茶」でも同じで、
抹茶をお湯で撹拌するだけの作業を、永遠と50年間繰り返すことでしか気づかない
「違い」というものがあるのだろう。

ただ、解剖学者の養老先生は、以前の日本人の考え方として、
「昔の人は、30年、40年、同じ仕事をやり続けている職人がすごいんじゃなくて、
30年、40年やり続けられる仕事の方がすごいのだと思っていた」
と言って、今との見方の違いを指摘していた。
すごいのは、続ける人ではなく、続けさせられる仕事の方。
価値があるのは、繰り返せる人ではなく、繰り返させられる仕事の方。
偉いのは、哲学であり、数学であり、「お茶」。
だから、本当は、
50年間お茶を続けているおばあさんを褒めるのではなく、
50年やっても全然飽きのこないお茶のディープさを褒めるべきなのだ。
「こんなに長く、続けさせられて、お茶ってのはすごいですねえ」
茶室にいる人たちはおべんちゃらを言うべき相手を間違えている。
本当に褒めるべきは、「腰の曲がったおばあさん」ではなく、
「腰の曲がったおばさんにも続けたいと思わせられるお茶」の方なのだ。