アリよ、サラバ

  

アリが家の中を這っている。
ここ最近、東京にいたり、アパートの三階に住んだりしていたので、
家でアリに出くわすことがなかった。
久しぶりで、なんだか懐かしい。
まったく追い払う気にならない。
「どこ向かってんの?」
そう尋ねてみるが、アリはなにも答えない。

アリは長い隊をなして、台所の何かを目掛けて進んでいる。
ああ、昨日食べたヨーグルトの容器だ。
明治のブルガリア。
低糖だが、甘いヨーグルト。
西日本のアリは小さく、あまり列にならない。
”各々で”、ブルガリアに向かっている。

アリってのは、子どものようだ。
甘いものをちょっと出しておくと、ワッと群がってくる。
単純なやつら。
でも、人間の子どもと違うのは、人工甘味料に関心を示さないところ。
アリは、天然の甘味料と人口の甘味料の違いがわかるのだ。
アリは、アスパルテームを砂糖だとは認めていない。
ブルガリアは天然を使用しているようだ。

台所に放置していたブルガリアの容器を叩いて、アリを追い払う。
「まだ舐め足りないひとは、ゴミ箱の中でどうぞ」
そう思いつつ、容器をゴミ箱に捨てようとすると、
容器の中で、二匹のアリがブルガリアに溺れて死んでいる。
あまりにばかすぎる。
こういうところは、人間の子どもよりも、だいぶ、アリは、ばかだ。
せっかく、床を這っているのを見た時も、
容器に群がってるのを見た時も、放っておいてあげたのに、
勝手に容器の中に入って、ヨーグルトに溺れて死ぬなんて、
「そこまで、面倒見きれねえよ!」

溺死は、どうしようもない。
ヨーグルトにダイブしての溺死なんて、どんな人にも、救えない。
好きなものに溺れて死ぬってどんな気分なのだろう。
そもそも、アリは甘いものが好きなのだろうか。
それとも、本能的に甘いものを運ばざるを得ないだけなのだろうか。
どっちにしても、ヨーグルトに溺れるってどんな気分なのだろう。
ブルガリアに浮かんでいる二匹に尋ねてみる。
「ねえ、好きなものに溺れて死ぬって、どんな気分?」
西日本のアリは、何も答えない。
生きていても死んでいても、何も答えない。