イルミネーション

最近のイルミネーションはクリスマスを過ぎてもつけっぱなしだ。
冬の夜は寂しいので、
2月でも3月でも、明かりが灯っているのはありがたい。
ただ、日本のイルミネーションにはまだ伸びしろがある。
西洋のイルミネーションがクリスマスを中心に広がり、
なんのために灯すのかという共通認識があるのに対し、
日本のイルミネーションは、
ただ木に巻きつけたり、光で門をつくったり、
綺麗な明かりで照らしていればそれでOKという場所が多いように思う。
もっと改善の余地があるはずだ。
文化の上に灯るイルミネーションを作ってほしい。
改善好きの日本人ならできるはずだ。

イルミネーションといえば、長崎のハウステンボス。
今も「光の王国」と銘打って、1300万個の電球が、
ゴールデンウィークまでロングラン点灯している。
ハウステンボスは一時期、経営破綻したが、
HISが経営を引き受けて以後、業績をV字回復させている、
九州を代表する観光地の一つだ。
福岡からそんなに遠くもないので、
以前、香港から福岡に遊びに来た友達がどこに行くか迷っていた際も、
ハウステンボスを薦めた。
「ハウステンボスにでも行ってみれば?」
そう言うと彼女は、
「ああ、あの、フェイクダッチタウンね」
と、鼻で笑った。
フェ、フェ、フェイク・ダッチ・タウン(エセ・オランダ街)!?

九州の人は、
ハウステンボスの前身である「オランダ村」が「ハウステンボス」に変わった時に、
随分とモダンな気持ちになった。
「こりゃ、”東京ドイツ村”や”志摩スペイン村”の、一個上行っちゃったねえ」
と、鼻が高かったもんだ。
そのハウステンボスを、フェイクだと!?
あんなに金かけたのに、フェイクだと・・・!?
佐世保市なんて、そのことでずっと頭悩ませてるってのに、フェイクて・・・。
なんてこった・・・。

だけど、わざわざアジアから日本に来た人にとっては、
オランダを模したテーマパークに行く義理はないのだろう。
LCCが格安で人を外国に連れていっている時代に、
「日本にあるオランダ風の街」ってだけでは魅力がないのだ。
「オランダ風の街で見れるイルミネーション」ってだけじゃ足りないのだろうね。
やはり、文化の上に、イルミネーションを載せないとだめなのだ。
「オランダ風」「イルミネーション」だけじゃ、だめ。
長崎に元々ある文化に、イルミネーションを載せてこその魅力なのだ。
長崎の有名なイベント。
そう、例えば、「長崎くんち」とか「長崎ランタンフェスティバル」とかだ。
「長崎くんち」とか「長崎ランタンフェスティバル」とか・・・。
ああ、だめだ。
どっちも、中国発祥じゃないか。
また、あの香港の子に鼻で笑われちゃうよ。
「長崎くんち?ああ、あの、フェイク・チャイニーズ・フェスね」
・・・。

ち、ちきしょう!