ネタがベタになる

  

京都大学の入学式で、京大の学長がボブ・ディランの歌詞を引用し、
それをホームページに載せたことに対し、
JASRACは京都大学に問い合わせをし、
歌詞の使用料が必要になる可能性を伝えていた。
幸い、というか、結果的に、京都大学の歌詞掲載は、
範囲内での「引用」に当たるとして、
JASRACは徴収は行われなかったのだが、
なんでもかんでも金を徴収しようとするJASRACの姿勢に批判が集まっている。

社会学者の宮台真司氏は、
著作権を守るのは、文化を保つという目的のためであり、
著作で食っている人達のなりわいを保障するためではないという。
文化を保つのが、目的であり、
なりわいを保証するのは、手段。
そこを履き違えて、著作物が使用されていることを知るなり、
すぐに金を徴収しようというのは、
(目的であるはずの)文化そのものを縮小させることにつながると指摘する。

目的と手段を取り違えることは、どこにでも見られる。
会社の実態を把握するために数値化しているのに、
その数値を追いかけることに誰もが躍起になったり、
どこまで理解しているか確認するためにテストがあるのに、
テストの点数をあげることに夢中になったり、してしまう。
ある会社では、社長が会社をまとめあげるために、
宗教的な精神論を取り入れたのに、
会社を引き継いだ息子が、本気でその宗教を信じてしまい、
会社を繁栄させることよりも、宗教を布教することに走ってしまったって話もある。
「社長のお前が、本気で信じてどうする!?」
そう、先代の社長は、嘆いたことだろうが、
真面目な息子は、それが手段だとは思えなかったのだ。

そういう現象を、宮台氏は、「ネタがベタになる」と呼ぶ。
ネタ(手段)として利用していたものが、
時間がたったり、世代が代わるにつれ、ベタ(目的そのもの)になる。
もともとはネタだったのに本気になられても困るのだが、
時に人は、ネタ(物語)を信じ込む。
自分の頭であれこれ考えるより、
ネタ(物語)の中で生きている方が安心だったりするからだ。
だけど、ネタ(手段)は、ネタ(手段)でしかない。
ネタ(手段)に向かって進んでも、目的(地)には届かない。

JASRACは、多くの著作権を管理して、
多くの音楽家のなりわいを保障しているが、
大学の入学式でボブ・ディランを引用したくらいで目くじら立てるのは野暮の骨頂だと
JASRACになりわいを保障されている多くの音楽家は、
思っているに違いない(と思いたい)。