動画時代の偉人

昔の偉人はいかにも偉人然とした顔をしている。
ヒゲなんか生やして、生まれながらの偉人ですみたいな顔をしている。
しかし、実際のところ、どれほどの偉人だったかはわからない。
なにせ、写真が白黒だ。
白黒写真はずるい。
どうみても偉人に見える。
僕らの時代はカラーってだけで、威厳が減る。
すべての偉人候補者には、損な時代だ。
最近ではカラー写真にとどまらず、
動画も簡単に撮影して、ネットにアップできるので、
偉人を生み出す余地は消えたといっていい。
偉人とは、やはり、動いているより動かない。
カラーより白黒。
写真より絵だと、相場は決まっている。
偉人には、謎がないといけない。

手軽に動画が配信できちゃう現代は、
偉人の、偉人じゃない部分、大したことない部分をはっきりと見せてしまう。
本の中で、偉い学者がどれほど素晴らしいことを言ってみても、
動いている本人を動画を見てガッカリ、
みたいなことは平気で起きる。
あんな立派なこと言ってる人が、こんな顔で、こんな声なのか・・・。
動画時代は、「言ってること」に「外見」が強く影響してしまう。
それは、はたして、いいことだろうか。

政治家にとっては、それは、もしかすると、いいことかもしれない。
政治家は、「外見」や「パフォーマンス」含めて評価される。
ただ、学者にとっては、よくないことだろう。
学者は、「外見」でなく「業績」で評価すべき人達だ。
西洋社会は、どんなに人格の破綻した学者でも、
「業績」で学者を判断すると言われるが、
日本は、学者の「業績」と「人格」をごっちゃにするところがある。
どんなに優れた学者でも、痴漢で捕まってしまったら、
学問での「業績」もろとも闇に捨て去る。
そういう”未分離”が、日本社会にはある。
動画社会が、それを加速させないか心配だ。

動画とカラー写真が、どんな偉人の”人となり”もあけすけに見せてしまう時代、
大した偉人はこの先、現れないかもしれない。
でも、もし、この逆風の中でも、偉人が現れたとしたら、
それは、相当な偉人だろう。
白黒写真でもなく、ヒゲも生えてないのに偉人なんて、
そいつは、正真正銘、嘘いつわりない偉人に違いない。