才能に惚れる

 

後輩の女性が数学者に恋をしている。
大して知りもしないのに見事に惚れてしまい、
結婚するのだと、意気込んでいる。
この子は、以前も、先輩の美術アーティストに惚れたり、
ミュージシャンに入れ込んだり、表現者に目がない。
でも、例え、付き合っても、長続きすることなく、
だいたい、変な揉め事の末に、終わってきた。
「いい加減、”才能”に惚れるのやめろ、馬鹿」
そう言ったが、惚れてる人間には何を言っても、馬耳東風。
何も聞いちゃいない。

才能に惚れてしまうのは、
ある意味で、からだの疼きみたいなもんかなと思うけれど、
男よりも女の方が才能に惚れやすいのは、どういう理由なんだろう。
男が才能のある女に惚れてもよさそうなのに、
そんな話は、あまり聞かない。
いつも、才能に惚れるのは、女。
神様から与えられし能力を才能と呼ぶのだとすると、
才能に敏感な女性の方が、
神様に対して常日頃、アンテナを張っているということだろうか。

男はどうしても好きな人の子を身ごもることができないので、
「あなたの遺伝子が欲しい」という感覚がわからないけれど、
この世には、遺伝子だけを目的に男を選ぶ女というのが確実にいる。
その時、女は、「子宮」で判断している(という)。
子宮を持たない男にはわからない感覚が、
女にはある(のだろう)。
男性の固有臓器は、まったく、女の”才能”には反応しないような仕組みになっているので、
どんなに才能のある女性の数学者を見ても、反応しない。
とんだ機能不全。
歴史上、輝かしい才能を誇示した男の数が女よりも断然多いのは、
もしかすると、
男がまったく女の才能に反応しないにも関らず、
女が男の才能に敏感に反応してきたせいなのかもしれない。